タントを値引き他の人より値引きされた金額で購入する方法とは!?

車査定と細かいキズ

 

車査定と細かいキズについて。
車についた細かいキズは、査定のときに響きます。

 

 

「これくらい分からないのでは?」

 

 

というキズでも、プロから見れば十分なキズ。
もちろん、大きなキズはさらにマイナス査定になってしまいます。

 

 

 

でも、細かいキズ程度なら、自分でも修復することができますよ。
ここでは、自分でできる研磨作業の方法を紹介したいと思います。
用意するものは、スポンジ・超微粒子コンパウンド。
スポンジは、握り手部分にウレタン素材のついたものがオススメです。

 

 

1.コンパウンドを小さじ1程度取ります。
2.塗装面に叩くように馴染ませます。
3.スポンジが半分くらい潰れるくらい圧力をかけます。
4.縦・横・縦の順に磨いていき、キュッキュと音がするまで磨きます。
5.音がなくなったら、1回目の研磨作業は終了です。

 

 

再び、コンパウンドをスポンジに取り、同じ用量で磨いていきます。
キュッキュと音がし、なくなったら研磨作業は終了になります。
仕上げに、ネル地で研磨粉を払い落すように拭きとると完了です。
この時、キズを刻まないように、優しく丁寧に拭き取って下さいね。